ステーキのあさくま STEAK&HAMBURG

About/会社概要

事業内容

あさくまは、子会社の株式会社あさくまサクセッションと共に、
あさくまグループとして複数業態を展開する飲食事業、
オリジナル食材の販売、通販サイト運営、フランチャイズ事業と、
幅広く事業を展開しています。

【飲食事業】
 ステーキのあさくま【65店舗】
 農家直送ビュッフェレストラン ファーマーズガーデン【5店舗】
 手づくりのお惣菜ビュッフェ まいにちごはん【1店舗】
 もつ焼き エビス参【8店舗】
 郊外型カフェ オランダ坂珈琲邸【4店舗】
 インドネシアレストラン スラバヤ【3店舗】

あさくまの歴史

あさくまは"今日の外食産業を創り上げた1社"と評されています。
日本で初めて"郊外型レストラン"を展開。
飲食業界に衝撃を与えました。

今やステーキハウスには当たり前にあるサラダバーや、
お客様のお好みに合わせて焼き加減を調節できるペレットは
あさくまが考案・開発し、それが全国へと広まりました。

※ペレット
ステーキの鉄板の上に乗った丸い鉄の塊を指します。
切った肉を自分の好みの具合に焼くことができ、また、鉄板が冷めにくいというメリットもあります。

1948年   創業
1962年   ドライバーズコーナーキッチンあさくまを創業
1980年   レトルトコーンスープやドレッシングの販売開始
1985年   つくば科学万博のアメリカ館に出店
1989年   世界デザイン博覧会に出店
2006年   株式会社テンポスバスターズと資本・業務提携
2011年   ダイニングバー BISTROT【1店舗】
2013年   子会社 株式会社あさくまサクセッション設立
農家直送ビュッフェレストラン ファーマーズガーデン【7店舗】
もつ焼き エビス参【8店舗】
手づくりのお惣菜ビュッフェ まいにちごはん【1店舗】
郊外型カフェ オランダ坂珈琲邸【4店舗】
インドネシアレストラン スラバヤ【3店舗】

※2011~17年:ステーキのあさくま32店舗 出店

あさくまの挑戦

【お客様の喜びや感動を生み出す新たな取り組み】

体験型レストラン
サプライズ演出
キッズ★グリル体験
地元の演奏家による地域のコミュニティづくり
ご自分でステーキを焼くセルフクッキングコーナーの導入
無料で500gのステーキを食べる早食い大会"ステーキ甲子園"
「そうだ。あさくまで泣こう。」


あさくまのビジョン

ステーキ業態 100店舗展開
他の業態店舗の出店
海外出店